スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お肌のケア方法(新生児時代)

教えてもらったケアの方法について、書いておきます。

「ワセリン湿布」というものです。

用意するもの
 ※入浴に適した温かいお湯
 ※泡立てた石けん
 ※お顔に貼れるよう、小さく切ったガーゼ数枚→ワセリンを湿布しておく
 ※ワセリン(プロペト・・・薬局処方)
 ※肌触りの良いタオル

まず、ひどい状態のお顔を1日3回、無添加の固形石鹸を使って洗顔する事。
首の座っていない赤ちゃんの洗顔は大変でした。
季節は、北国の冬。
暖かい居間でお湯を用意して手際よく済ませます。

たっぷりと泡立てた石けんで、優しく丁寧に、分泌されているツユと汚れを落とします。

洗顔が終わったら、水分を取って用意しておいたガーゼをお顔にパックします。
(ガーゼは、あらかじめワセリンをたっぷりと湿布しておきます。)
両ほっぺ各一枚、おでこ2枚の計4枚を使用しました。

そしてワセリンがなじんで、自然にガーゼが剥がれてくるまで待ちます。
お顔を手で触るとすぐに取れてしまうので、防止の為にすかさず授乳をしていました。

効果は素早く現れ、2~3日もするとズルむけだった状態から回復し、腫れも治まり表情が良くなってきました。
しかしまだまだつるっとした肌とはほど遠く、日によってはまたツユが出ちゃう事も。
しばらくこの湿布を続ける事になりました。

この時点でステロイド剤を使用しなかった医師に感謝しています。

コメントの投稿

Private :

プロフィール

なっきー

Author:なっきー
2011年より札幌在住の4人家族です。


<主人公 息子>

2006/11生まれ、現在5歳。
正後間もなくからのアレルギー疑いから始まり、
現在は乳・卵・小麦他を除去&負荷中。

1歳10ヶ月→喘息の診断。
3歳1ヶ月→負荷試験開始。
3歳8ヶ月→小麦の経口減感作を開始。
5歳5ヶ月→加熱卵1/2 陰性。 

乳は除去中です。


小さな事にクヨクヨしないさっぱりした性格。ぷっくりほっぺがママのお気に入り。


<サポート隊>

1号・・・私

1970年代生まれ。
思春期の頃、アトピーで悩む。
実家の家族が様々なアレルギー持ち(犬も例に漏れず。)
アレルギーの星の下に産まれたんだと思っている。
夜更かしと一人でビールがお気に入り。
納豆アレルギー。


2号・・・パパ

1970年代生まれ。
思春期よりアトピー。
ひどい花粉症に鼻炎もありの、
アレルギー体質。
引っ越ししてから良くなって来ました。


3号・・・娘

2005/1生まれ、現在7歳。
3歳から喘息発症、アレルギー性結膜炎やら鼻炎やら。
几帳面な性格で、息子の誤食が無いよう常に目を光らせてくれる頼るべき存在。

他、老犬が2匹います。


twitter
メールはこちらから(最近届かない場合があります)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

アレルギー関係のブログオーナー様、リンクフリーです。
ご連絡頂けましたら喜んで訪問させて頂きます!
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。