スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行きつ戻りつ

来週に行われる卵白と小麦の負荷試験を前に、歩みはスローペースになりました。

46ccまで増やしていた加熱乳、一気に10ccまでダウンする事に。
同様に、卵黄も一旦、1/4個に減量です・・・
私の気持ちも下降



前々回の記事の後、思いがけない誤食。
まさか家で誤食するとは!やっちまった。

先に書いておきますが、症状はひどくなかったのでご安心を。

夕食のサラダ、マヨネーズの間違いです。
いつもはマヨドレの息子。
娘が、「なんか今日のマヨネーズ、味が違うよー」と。
気づいた時には遅かった。トマトに付いたマヨネーズを、ぺろっと舐めていました。
娘の敏感な味覚のお陰で少量で済んだのは、助かりました。

5分後から咳、その後腹痛に続いて断続的に咳。ポチ湿疹。
夜中~朝方まで、軽めの咳を数回。吸入をする程ではありませんでした。

「いや、間違ってない。息子が食べたのはマヨドレだ」と思い込みたかったのですが、
ここ最近は何ヶ月も、夜中は全く咳が出ていません。
息子の咳が、「マヨネーズ食べちゃった」と教えてくれたのでした。



次の2日間は乳の摂取日だったのですが、とにかくお肌の調子が悪い。
カユミも強くて抗ヒスタミン剤服用と、ステロイド塗布が必要に。

悩んで主治医に相談したところ、減量のアドバイスを頂きました。


50cc目前だったんです。
順調な増量が信じられない反面、嬉しくもあったのは事実です。
50ccかぁ。もうミルフィー買わなくてもいいんじゃない?なんて。
もしかしたら牛乳、生でもいけるんじゃない?なんて、早すぎる期待をしていた自分。

様々な影響が考えられます。増量だけではないかも。
けれどきっと、急ぎすぎてはダメだって息子の身体が教えてくれたんですね。

ここがアレルギーの子供の食生活の難しいところだと感じています。
上の娘は、少々食生活が乱れても何も無いのに。
トータルな食生活がいかに大切か?
息子が、何も気にせず食べたいものを食べられる日はいつなんだろう。
気持ちが下降気味なので、今日は愚痴をお許し下さいませ。



明日からは確実に症状の出ない範囲で摂取していきます。
うーーー
また感じたがっかり感。
いっその事あげたくないけど、やるしかないのかな。

コメントの投稿

Private :

そっか・・

減量することになったんだね。
調子よく増量できてる時があるから、やっぱり減量は落ち込むよね。。
私も減感作の時2段階戻るとかなると、
ガックリくるよ・・
気分も落ち込んじゃうよね。

でもなっきーさんが言うように、それは息子ちゃんの体がちゃんと悲鳴をあげて教えてくれてるんだよね。
昨日の子供の状態と比べるのではなく、
始めた時の状態と比べたらずっといい方向に向いてるのは確実。
そうやって初めの時と比べるとすこし
頑張れるような気がするの。

ママも大変だけどしっかりと受け入れようとする子供たちの体を信じてお互いゆっくり頑張って行こうね。


No title

なんなんでしょう。
この微妙な気分。
間違いなくムスコ君(や娘が)が”何も意識せずに食事をしても体が悲鳴を上げない”未来が来てもらわないと困る(というか悲しいというか、そうでないことを考えたくない)

でも、目の前で起こっている”ささいな反応”とされることが胸に引っかかって仕方がない。

そして、引っかかりながらも進めていると近い未来への期待が湧いてくる。
・・・で凹む。

何度も何度も繰り返さないといけないんだ。
そのたびに苦しめてしまう子供を見て自分を責める。いろんな意味で。
進めようと思うたび、後退しようと思うたび1トンくらい重石が胸にのしかかりますよね。
どちらも辛い。
そして、これは非アレっ子であれば経験しなくて良かったこと。
それは言ってはいけないことなんだけど・・・今の私にはどちらの重しも辛くて、もうずっとこのままがいいって思ってしまう。望んでないのに。

しかも自宅で負荷って自分で決めていかないといけないことが多い。(相談はしても)
ここがまた辛い。

って、愚痴だわ~(笑)

でもでも、3歩進んで2歩下がってしまったとしても1歩でも進めたことはすごいことなんですよ。
って思いましょうよ。

マヨネーズ・・・我が家は今は完全マヨドレなんですがマヨラーが一人いて・・・非常に減るペースが速い・・・でもマヨネーズにしてしまうと誤食が怖くて・・・もう少しチィが大きくなるまでは目をつぶろうかな。

では最後に”一緒に頑張りましょうね”

ミルクティーさん

ほんとにガックリ来たよ。
なんなんでしょう、このうまく言い表せない気持ち。
先生から頂いた指示ではまず、びっくりしちゃって。
減量はあり得るとしても、半分位かな?って予測はしてたの。
それが、1/4だよ!?step1よりも少ないんだもの。
確実に症状の出ない範囲っていくつなんだろうなぁ。

コメント貰って気がついたよ。
そうだよね、始めた時には5ccでもドキドキだったんだもの。

あまりにがっかりしちゃって、昨日から記録ノートをつけてないの。
でも目を背けてちゃいかん!と思って、もう一度
始めた頃はどうだったか、読み返してみたよ。
そしたら、1/4っていうのも少し納得出来ました。

お互いゆっくり頑張ろう!
一人で急いで、じゃなくて親子でゆっくり、がほんとに大事だね。
ありがとー♪

とうこmamaさん

うちは食アレのない娘がいるから、将来の目標(一般的な、通常の食生活を送れる)対象が目前にいるんですよね。
その2人の食生活に対する気配りの違い、頭の切り替え、それぞれへのフォロー、経済的なものも含めて、簡単にやっているかと言われると決してそうじゃないです。

だからつい、時々感覚が麻痺してしまうんです。
もう年ですから(笑)

娘も実は、乳製品取り過ぎで発疹とかあるんじゃない?とか
(全くないですけど)
小麦3食はさすがに何かあるだろ!とか
(本当に何も無いんですよね)

・・・色々こじつけてみますけど、やっぱりアレルギーのある子とない子って、違うんですね。ささいな反応なんて、無いんですよ本当に。暴飲暴食すれば悲鳴も上がるのでしょうが。

少しでも、娘と同じ食生活をさせてあげたくて、急ぎすぎたんだと思います。他の生活面ではかなり追いついてきているからね。

自宅の負荷は、先生に言われたとお~りに進めているのですが、
確かにその日その日の増量などは判断に迷いますね。

一歩ずつゆっくりですよね。亀でいきます(笑)

マヨネーズは家に無ければ安心ですけど、マヨドレも割高ですよね~。そこら辺も経済的な問題で凹むことがあります。まだミルフィー買うのか!って。あれ高いんですよね・・・。

今宵はビールを飲みながら、明日も”一緒に頑張りましょう!”
プロフィール

なっきー

Author:なっきー
2011年より札幌在住の4人家族です。


<主人公 息子>

2006/11生まれ、現在5歳。
正後間もなくからのアレルギー疑いから始まり、
現在は乳・卵・小麦他を除去&負荷中。

1歳10ヶ月→喘息の診断。
3歳1ヶ月→負荷試験開始。
3歳8ヶ月→小麦の経口減感作を開始。
5歳5ヶ月→加熱卵1/2 陰性。 

乳は除去中です。


小さな事にクヨクヨしないさっぱりした性格。ぷっくりほっぺがママのお気に入り。


<サポート隊>

1号・・・私

1970年代生まれ。
思春期の頃、アトピーで悩む。
実家の家族が様々なアレルギー持ち(犬も例に漏れず。)
アレルギーの星の下に産まれたんだと思っている。
夜更かしと一人でビールがお気に入り。
納豆アレルギー。


2号・・・パパ

1970年代生まれ。
思春期よりアトピー。
ひどい花粉症に鼻炎もありの、
アレルギー体質。
引っ越ししてから良くなって来ました。


3号・・・娘

2005/1生まれ、現在7歳。
3歳から喘息発症、アレルギー性結膜炎やら鼻炎やら。
几帳面な性格で、息子の誤食が無いよう常に目を光らせてくれる頼るべき存在。

他、老犬が2匹います。


twitter
メールはこちらから(最近届かない場合があります)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

アレルギー関係のブログオーナー様、リンクフリーです。
ご連絡頂けましたら喜んで訪問させて頂きます!
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。