スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいかげん、立ち止まりすぎではないかと

最近更新も留まり気味です。
こんなブログをみて下さる方はいらしゃるのだろうか?
と書きながらも、この記事を書き始めたのはGW前。
何度も書いてはまとまらずで、なかなかアップ出来ませんでした。


どうも、札幌に引っ越して来てから、以前と時間の流れと感じ方が違います。
アレルギーのことに関して、情報収集や調べごとをしたり取り組む意欲が減りました。


自戒の意味を込めて、
自分でも認めたく無い心のうちを吐き出してみようと思います。


アレルギーの治療および通院に関して、
取り組みたく無いのかも知れない。
逃げたいんだと思う。
このまま、小麦の食べられるものと量を探りながら毎日を過ごして行いけば
いつかは色んな小麦製品も食べられるんじゃないか、と。

でもそれじゃ、いつまでも何も発展しないのも解っている。

卵は、乳は、落花生はどうする?

新しい病院に行って、される事はまず血液検査と負荷試験だろう。
息子は泣くだろう、負荷試験では私が緊張とストレスで倒れそうになるであろう。
実際、今までの負荷試験では帰り道の運転すら危うかった。
頭は締め付けられそうにドクドクと痛み、心臓はバクバク。
めまいと吐き気で思わず突っ伏してしまいそうになる。

負荷試験に向かう前は、怖くて怖くて。
その時の負荷試験はクリアしても、その後の継続期はつまづくだろうな。
いつもそうだった時のように。


時期も経っているし、やってみなくちゃ始まらないのは解ってる。
でもやりたく無い。

だから、新しい病院にも行っていないんです。
やらない方が楽だから。
食べさせなければ何も起きないもの。

では、息子自身はどうかというと
食べたい気持ちが前よりも増加しているように感じます。
ファミレスの普通のハンバーグ、オムライス、ミスド、ソフトクリーム・・・
お兄ちゃんになったら食べられる?って、すこしがっかりした表情で聞いてきます。

それを聞く度、立ち止まっていてはならぬ といつも思うのだけれど。


札幌に越してきて、相模原には通えなくなりました。
それが不安でもあったけれど、今は解放感も感じています。
アレルギーの治療から離れることによって、こんな気持ちになるなんて。

何でも食べられるように取り組みたいのに、うらはらに感じる矛盾。

あと半年で5歳になる息子。
嬉しいはずの成長が、年齢を重ねるごとに「◯歳なのに、まだ食べられない」といった思いが生じるのも事実。


もう、始めなくちゃ。
一人じゃないんだ、疲れたら助けてくれる身内がここの土地には居るんだ。
土地は離れたけれど、心の中が困ったら話を聞いてくれる仲間もネットの向こうに居るんだ。

私は頑張ると言う言葉が嫌いなのだけれど、ここは敢えて頑張らないといけない、と感じています。

コメントの投稿

Private :

なんだか

すごくよくわかります。
負荷試験をしなければ、子供に苦しい思いをさせずにすむ…心臓のはりさけそうな思いをさせずにすむ。毎日アレルゲンの負荷をして観察をするストレスを味わわずにすむ。除去生活の方がよっぽど楽。。でも子供は確実に成長していて皆と同じ物を食べたい気持ちが増してくる。もちろん親の願いは何でも食べれる日がくること。そのためには進まないといけない。。でも長いアレルギー生活、時には立ち止まって休息する時間も必要なんですよね。そしてまた歩き出せばいいんですよね。沢山の支えを得ながら。
お互い頑張りましょうね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

久しぶり

うんうん。分かるよ。
食べさせないのが症状も出ないし一番ラクだよね。
私も負荷試験の後の症状が怖くて家での検査は毎日心臓ドキドキだった。
北海道の地元の大自然の中で生活してると都会とはまた違った気持ちになるんだろうなぁ。
除去、減感作どちらをどれだけがんばったら、いつどれだけ何が食べれるようになるのかがはっきりしないのも事実だよね。

うちも次男が三月から喘息がずっと続いてるし
長男も先月、久々に食後すっごい蕁麻疹が出て救急に駆け込んだり、(原因不明なの)
小学校で出来たお友達の家で遊ばせてもらったら猫アレルギーが出て
これまた病院へ駆け込む羽目になったり
アレっ子痛感してるよ。
OKになった食べ物も体調次第だしね。

なっきーちゃんも環境が変わって色々思うこともあるだろうけど
地元で思うままに元気に暮らしてね☆
お互い子育てがんばろっ!

見てますよ(^^)

もちろん、ブログ見てますよ~(^^)

せっかく頑張ろうとしている気持ちのところに
水をさしてしまうかもしれないけど、
すごく、その気持ちわかりますよ・・・

負荷試験、この子で実験してるみたい・・・と
苦しく思うこともあったし、
その後に、続けられないこともいっぱいありました。

でも、ある時、「あれ?これ食べちゃったの?」みたいなことが起きたり、
前はダメだったものなのに、「少しならいけちゃうの?」ってことが、
出てくる日がきっとあると思うんです。

今、頑張っている小麦をお休みしたとしても
ほかのもので極々微量の加工品(S病院的には邪道です・・・(^^;)から行ってみたり
いろんなアプローチがあると思いますよ。

小学入学がせまり、焦る気持ちもあるかもしれませんが、
「始めなくちゃ」は、一番近くでお子さんをみているなっきーさんの心と体が自然に動き出す日がきっとやってくると思いますよ。
その時が、一番選ばれた「いい時」なんだと思います(^^)
もしかしたら、今がちょっとずつ踏み出そうとしている時なのかもしれないね・・・☆

みてますよー

「更新されてるかなー」っていつも覗いてます。^^

みなさんおっしゃってますが、なっきーさんと息子さんの「始め時」がきっとあるんだと思いますよ。

私は、息子が年長になる前の負荷試験で撃沈したのが「このままではいけない!」と奮起したときでした。
息子の心は分りませんが。

どうなさってるかなーと思っていたので、悩んだり、迷ったり、考えたりのなっきーさん日記読めて嬉しかったです。

ゆうさん

コメントありがとうございました。
返信が遅くなり、ごめんなさい。

何度も今まで、小さな立ち止まりはありました。
が、ここまで気持ちの面で意欲が失せたのは初だと感じてます。
しばらくこのままでいいんじゃないかという甘え的な思いと、
新たな医療機関にかかる不安。入り交じって未だ解決出来ずにいます。
地元に戻って来た安堵感が、更に足踏み感に追い風になっているというか。
冬に越して来てからたっぷりと休んだので、そろそろ春とともに歩みだそうかな、と。
除去も大変だったはずなんですよね、その当時は。
今は食べさせるのが大変だなんて、当時の私からすれば贅沢に思うでしょう。
そうやって長いアレルギー生活をゆっくりと、
でも着実に前を見ながら進んで行きたいですね。
一緒にがんばれる仲間が居る事、本当に励みになります。

鍵コメ yuさんへ

ありがとうございます。
返信が遅くなってごめんなさい!
個別にお返事送らせて頂きますねー。
じっくり書きたいので、ちょっとお時間下さいませ。

鍵コメ yoさんへ

はじめまして、コメントありがとうございました。
個別にお返事を、と思ったのですが送り先が解らずここで失礼します。

息子と同じ年齢なんですね。
HPに、遊びに行かせて頂きました。
同じ思いだなぁって感じるところ、いっぱいありました。
また私の心の支えが増えました!

卵は、色合いといい食感といい独特ですから、
子供の食べたい意欲も湧くのでしょうね。
乳はウチでは豆乳系で代用出来ていますし、小麦も米粉の商品が増加した事で
前よりも楽になりましたが、卵は・・・カボチャですかね。

ひとつのものを減感作していると、もう一つのアレルゲンが入った時への
影響が気になりませんか?
うちは私のその心配が原因で、なかなかチャレンジ出来ないでいます。
それを払拭するためにも、やはり専門医の指導を受けねばならないと感じてます。

一度症状がどわっと出ると、もういやー!って言いたくなる気持ち、
すっごくよく解ります。そんなんばっかりで(汗)

息子の事も、娘さんと同じように願って頂いて、心から嬉しいです!
一緒に順調に減感作が進む事、私も祈っています。
これからもよろしくお願いします♪

タケちゃん

ひさしぶりー!妊婦生活はどう?
今でもね、長男君がお誕生会でケーキを食べられた事を目標にしているよ。
園で出されるケーキが食べられるなんて、やっぱホントに信じられないくらい嬉しいと想像しているの。

>除去、減感作どちらをどれだけがんばったら、
>いつどれだけ何が食べれるようになるのかが
>はっきりしないのも事実だよね。



ここ!ここなんだよね。これが解ればお医者様も研究の苦労が
減るのだけれど、私たち親も一番知りたい所で。

食べられるようになった長男君でも、急激な症状が出る事があるんだね。
それがアレルギーの怖い所だと痛感。ウチでもね、うどんは100g超行けるのに,
マカロニこれだけでダメ!?とか。
犬もウチの犬以外は出る事あるしね。

ただ、喘息は見違えるくらい落ち着いたの!
逆に、娘の方が少し不安定な感じ。
春先は難しいよね。新生活だしね。

お陰さまで、雪が溶けた今は家族全員伸び伸び過ごしてるよ。
そちらは震災の影響はどうかしら。
子供を育てていると、気にかかる事が沢山あるのではと心配してます。
早く生活が落ち着く事を祈っているよ。

きらきらこさん

ありがとうございます!
住んでる地域が離れ、特に首都圏から離れるとなんだか取り残されたような気持ちになってたのですが、きらきらこさんも見てくれているのが解りほっとしました。

負荷試験への思い、私も同じ事を感じています。
試験と言う名目の実験だよなぁなんて。
向かう数日前からの緊張、試験中の張り裂けそうな心、その後の脱力感。
過去に味わった事の無い複雑な思いです。
上の娘は赤ちゃん時代から普通に楽しく食べられるものなのに、
息子にとっては試験的食材?なんて。

誤食が解除を産むことは、少なからず息子も経験しました。
敢えて誤食をさせるような状況を作ってみた事もあります(汗)
けれど、家ではその誤食でOKと出た量から超えられないんですよね。
もうちょっと強気で行ってもいいのかもしれませんが、
主治医が居ない今の状況では危険な道でしょうね。
その為にも、病院探訪しなくちゃ。

S病院の邪道な道、少し怖いけど進んでみたい気持ちです。
お薬を横においてね。

入学まではあと2年です。
それまでに一つくらいは解除を目指したいので、
まさに今は少しずつ始めるのにちょうど良い時期だと思います。
まずは新しい幼稚園に慣れて、生活のリズムが整ってからと思っていたので。

いつも先輩ママのお言葉は本当に力になります。
私と息子、一緒に無理なく歩んで行ける時期を受け入れる準備、
そろそろ始めようと思いました。

かごふねさん

ありがとうー!
私も同じく、いつもチェックしているよ。

こんな自己奮起的な日記でも、覗いてくれて「読めて嬉しい」って言ってくれて私こそ嬉しい!

札幌に越して来て、懸念材料であった喘息がとっても良くなって来たの。
神奈川に居る時の減感作の足かせでもあった喘息だから、始めるのにはいい時期かもと感じて。
親の覚悟とやる気は、必ず子供にも伝わると信じています。
減感作(免疫療法)は、一緒に取り組んで行くものだからね。
そのメンバーの中には、「信頼出来る主治医」が必要であって
それをこれから探すのも親の役目・・・これが一番不安かも。

かごふねさんは、お引っ越しすぐに良い先生と巡り会えたので
その行動力をお手本にして、やってみようと思います。

離れちゃったけど頑張る気持ちはひとつだね。

こんにちは!
なぜか以前はコメントがかけなかったのに、久しぶりに挑戦したら書けました(笑)

北海道の自然いっぱいでひろい生活、うらやましいです!
アレルギーの治療、私も息子にわからないように気を使いながら?少量の牛乳を混ぜたりが疲れてやめたくなることがあります。
2、3日空くと、これじゃあまずい!やっていかなくちゃ前にすすまないし、病院通っている意味がなくなっちゃうと思いながら何とか続けている感じです。

ブログ楽しみにしてますよ~!
お家作りも楽しみにしています!
ぜひぜひ私ができなかった自然素材いっぱいの家を作ってほしいです(笑)

ひろたんさん

コメント、再挑戦して下さったのですね。
ありがとうございます。
私の方はいつも読み逃げばかりでごめんなさい。

継続して食べさせるのは、強い意志が必要ですよね。
私も、間が空いてしまう事なんてしょっちゅうです。
けど、間が空いても次に食べた時になんでもなければ、
免疫が消えてない証拠だ!と、いい方に考えて(汗)
病院に通っていると、次の診察までに経過の説明をする必要があるので、
やらなきゃ~って思えるのですが、通っていない今は楽な方に流されがちです。
こうやって、離れていても一緒に頑張っている仲間がいるので、
続けて行けているんです♪

わたしも、ひろたんさんのお家を写真で拝見するのが最近の楽しみなんですよ。
これからもいろんな写真をアップして下さいね!
自然素材・・・素敵で、そして高いんだよね~(笑)
プロフィール

なっきー

Author:なっきー
2011年より札幌在住の4人家族です。


<主人公 息子>

2006/11生まれ、現在5歳。
正後間もなくからのアレルギー疑いから始まり、
現在は乳・卵・小麦他を除去&負荷中。

1歳10ヶ月→喘息の診断。
3歳1ヶ月→負荷試験開始。
3歳8ヶ月→小麦の経口減感作を開始。
5歳5ヶ月→加熱卵1/2 陰性。 

乳は除去中です。


小さな事にクヨクヨしないさっぱりした性格。ぷっくりほっぺがママのお気に入り。


<サポート隊>

1号・・・私

1970年代生まれ。
思春期の頃、アトピーで悩む。
実家の家族が様々なアレルギー持ち(犬も例に漏れず。)
アレルギーの星の下に産まれたんだと思っている。
夜更かしと一人でビールがお気に入り。
納豆アレルギー。


2号・・・パパ

1970年代生まれ。
思春期よりアトピー。
ひどい花粉症に鼻炎もありの、
アレルギー体質。
引っ越ししてから良くなって来ました。


3号・・・娘

2005/1生まれ、現在7歳。
3歳から喘息発症、アレルギー性結膜炎やら鼻炎やら。
几帳面な性格で、息子の誤食が無いよう常に目を光らせてくれる頼るべき存在。

他、老犬が2匹います。


twitter
メールはこちらから(最近届かない場合があります)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

アレルギー関係のブログオーナー様、リンクフリーです。
ご連絡頂けましたら喜んで訪問させて頂きます!
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。