スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳負荷試験

昨日は牛乳の負荷試験の日でした。

牛乳は、2年前の3歳のときの診断後からは
積極的な摂取は避けてきました。
しかし、微量を含むものでは反応がでない事は明らかだったので、
負荷の意味合いも含めて食べていました。


こちらの札幌の病院では、牛乳原液で試験を開始。
1mlから開始して・・・最終摂取の合計量は68ml。
ほぼ無症状で摂取する事が出来ました!

ほぼ、と言うのは、途中から痰の絡みが激しくなって
それが夜まで続いていたのが気になるところ。
負荷試験途中に先生にチェックしてもらって、
摂取を止める程ではないと診断を頂いているのですが
何せ息子の場合は負荷試験が当てにならない。


そうは言っても「除去の必要はありません」の指示。
嬉しかったです。
チーズも、生クリームも食べれるんだよーと伝えると、
息子は丸い目を更にまんまるにして「えぇっ!チーズ!?」と
期待に満ちた声をあげました。


これで、小麦も卵も乳も、負荷試験上では「解除」となりました。

私自身、心から嬉しくて、すっきりしたか?と問われると、
まだまだそこには到達していません。

本当の意味での解除はまだまだ先だと思っています。
ここからが新たな日々の始まり。


現に、ひと月前に行った卵の負荷試験からの日々の中で
2回程大きな症状を出しています。
体調によっては、まだ小麦でも症状が出ます。

負荷試験でOKが出ても、日常の食生活でな~んでもいいですよ!
って事にはならないですね。

しかし、少量摂取はクリア出来そうです。
これからの目標は、小学校入学に焦点をおいて自宅負荷を継続していくことです。


次の負荷試験は、ピーナッツを入学後に。
それと、喘息もこちらの大きな病院で診てもらう事にしました。
つい先日も、家庭用の吸入器では無理かな?って程の大きな発作を起こしたばかり。
喘息日誌も、自宅負荷と合わせて開始しなくては。
スポンサーサイト

卵 負荷試験

昨日の負荷試験の結果です。

全卵1/2の固ゆで卵、ほぼ無症状で食べる事が出来ました

8回に分けて食べました。
白身も含んで大体1/4を過ぎた頃から痰の絡みと鼻づまりは出たものの、ごく軽い症状。
その後時間が経ってから、これまた軽い腹痛はありましたが、
経過時間や痛み具合を見ても、卵によるものかどうかはっきりしない程度のもの。

自宅でまた慣らしていけば、加熱卵は大丈夫になりそうな気がしています。

本人は卵が食べたくて、この日を心待ちにしていたので、
「今後卵もおうちで食べていいよ」って伝えると、とっても嬉しそうでした。

この、「おうちで食べてならす」のを重ーく感じている私はダメ母でしょうか

また食べさせているうちに症状が出るんだろうなー。
いつも負荷試験では出なくて、自宅で食べていると出る、の繰り返しで来ましたから。
なので、加熱卵1/2解除、とは言ってもあんまり喜べないのが正直な所です。
加熱時間によっても違うだろうし、う~~。

小麦と卵の組み合わせでの反応も、複雑だしなぁ。
大体は食べ物に寄る症状の違いは把握出来ていますが難しいには違いありません。

時間差で与えるとなると、おやつに卵ボーロで夜ご飯に小麦製品かなぁ。
朝ご飯は症状が出ると園生活に関わっちゃうので、うちでは平日は避けています。


そして1ヶ月後には牛乳の負荷試験、+喘息の相談。

除去も大変だし負担だけれど、食べさせるのもそれに等しいのです。

がんばろ。

小麦負荷試験2回目 結果

小麦 <ステップ2 うどん50g> の入院負荷試験を終えてきました。


結果はまたもや判定保留。
全量摂取した後、前回と同じ時間・同じ場所(アゴ)に蕁麻疹出現。


再び、ビミョー!!


大きな症状が出なかった事には安心しました、が・・・。


退院診察の時に主治医にお会いする事が出来たので、先日の卵の症状をお話ししてきました。
微量で明らかに典型的な症状が出ているので、もしかしたら減感作の対象かなーと。
また量を減らして摂取し様子を見てみて、 との事でした。
一度はクリアした全卵1/2なのに、本当に不思議で不可解だと感じています。

出来れば、もうあげたくないなぁ。と言うのが本心です。


小麦の話に戻ります。

帰宅後には、おやつとして病院の売店で購入した「卵・乳を含まない国産小麦のクッキー」をあげました。
製造元に即、小麦の含有量を問い合わせして今回の試験の上限を超えない量を。
摂取30分後から鼻の違和感とくしゃみを連発。
かゆみが増え、常に身体のどこかを掻き始めました。
重い症状では無いんですけれどね。無症状でも無いんです。

昨日の負荷試験中にもあったこれらの症状。
再確認させられた出方でした。


どうしてこう、一度試験でクリアしたものがその時よりも強く出てくるのかなぁ。
どうして、負荷試験の時に出てくれないのかなぁ。

辛い思いを再確認はさせたくないんです。
負荷試験の時にはっきりと出れば避けられるのに。

でもこうやって遠回りしながらでも、解除に向けて少しずつでも進んで行くんだし。

一度だけであっても食べられたものがダメになるって、説明し納得させるのが難しいですね。

小麦はどうなるかな。
期待は膨らませず、今をきちんと見ながら進めて行こうと思います。

卵&小麦 負荷試験詳細

まずは、負荷試験の詳細報告です。


☆ 最初に全卵1/2の外来負荷試験から ☆

全卵1個分の重さの比率は、殻:卵白:卵黄=1:6:3 らしいです。
食べさせた量としては、(M玉55gとして)卵黄9g+卵白18gになります(大体の量)。

外来なので、食材は自分で用意。
食べ慣れないものを作って拒否されると困るので、前回同様米粉ホットケーキにしました。
えーっと・・・それでどうしたんだっけ。


あ、途中で腹痛の症状が見られたので、3回で摂取の予定を4回に分け、
時間は延長しましたが全量摂取しました。
他に見られたものは目のかゆみ、軽い咳。
帰宅後に遅延反応と思われたものは、吸入中(喘息用パルミコート)、就寝前に強い咳。
膝から下にすごく強いかゆみ。

「陰性」の診断結果でした。
少し主観的な症状は見られたものの、いずれも症状としては弱い。
即時型反応はないので続けて摂取との事です。


------間を一日空けて。------
  この日は特になにも症状はありませんでした。

(小麦結果は続きます ↓ )


» Continue Reading

2試合目。小麦負荷結果

昨日、小麦の入院負荷試験(ステップ1 うどん15g)を終えてきました。


<結果> 引き分け

<内容> 時間内に全量摂取は出来ました。
     はっきりと目に見える症状(軽度の蕁麻疹)出現のため、
     こちらも微妙な判定のまま終了。

<感想> 初小麦。かなり緊張しました。
     全卵半分同様、自宅負荷への宿題が出て
     そっちの方が気になる。


卵の分と合わせて、また次回にアップ予定。
     
プロフィール

なっきー

Author:なっきー
2011年より札幌在住の4人家族です。


<主人公 息子>

2006/11生まれ、現在5歳。
正後間もなくからのアレルギー疑いから始まり、
現在は乳・卵・小麦他を除去&負荷中。

1歳10ヶ月→喘息の診断。
3歳1ヶ月→負荷試験開始。
3歳8ヶ月→小麦の経口減感作を開始。
5歳5ヶ月→加熱卵1/2 陰性。 

乳は除去中です。


小さな事にクヨクヨしないさっぱりした性格。ぷっくりほっぺがママのお気に入り。


<サポート隊>

1号・・・私

1970年代生まれ。
思春期の頃、アトピーで悩む。
実家の家族が様々なアレルギー持ち(犬も例に漏れず。)
アレルギーの星の下に産まれたんだと思っている。
夜更かしと一人でビールがお気に入り。
納豆アレルギー。


2号・・・パパ

1970年代生まれ。
思春期よりアトピー。
ひどい花粉症に鼻炎もありの、
アレルギー体質。
引っ越ししてから良くなって来ました。


3号・・・娘

2005/1生まれ、現在7歳。
3歳から喘息発症、アレルギー性結膜炎やら鼻炎やら。
几帳面な性格で、息子の誤食が無いよう常に目を光らせてくれる頼るべき存在。

他、老犬が2匹います。


twitter
メールはこちらから(最近届かない場合があります)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

アレルギー関係のブログオーナー様、リンクフリーです。
ご連絡頂けましたら喜んで訪問させて頂きます!
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。