スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お土産もんだい

珍しく連日の日記です。

今日また、息子が幼稚園からお土産をもらって帰ってきました。



温泉街のクッキーです。

今、通っている幼稚園では、クラスの園児からのこういったお土産が多くて。
夏休みや冬休み明け、連休のあとはディズニーランドやどこか観光地の
洋菓子系のものがほとんど。
なんたって原材料表記が無いし、クッキーやあまーいチョコは無理な場合が多い。
(家で用意している息子が食べられるチョコは、ビターのみです)

お友達は貰ったその時に食べている子もいるようですが。

息子はそんな事はもちろん絶対にせず、
帰宅後、ほんの少しの期待とともに私に渡します。

「これも食べられないよ、何が入っているか解らないしね。」
と話すと、残念がりながらも家族のうちの誰にそれをあげるかを考えます。

私にくれたときは、とっても喜び、目に入らない所で食べて、
「ありがとう。美味しかったよ」と感謝を。
どんな味がしたか、自分が渡したものは美味しかったかを聞く
息子には悪いなぁと思いますが、私が喜ぶと息子も少しは満足そうです。

娘にあげる事がほとんどなのですが、
娘はその時には息子の好きなグミ等をお返しに。

今日はたまたま旦那がいたので、旦那と娘に半分こしてあげる、と息子は決めました。
旦那は感謝の意を示したものの、すぐは食べずにサイドテーブルに置いてありました。
息子は気になります。
すぐに目の前から無くして欲しいのに。
食べたいものが食べられなくて、常に目の前にあるお預け状態なんて、大人でも嫌でしょう?
明日早速旦那を指導しておきます


娘のお友達が今日も家に遊びに来ました。
その子は、お米アレルギーで、米油を使用しているポテトチップスや米酢も除去しています。
彼女は、カルピスの飴を持ってきました。
が!
きちんと息子用に、大玉のコーラやサイダーの飴を持って来てくれたのです。
娘と2人で感動し、
「◯◯ちゃんはやさしいよね。ちゃんと息子の分も持って来てくれたよ」と話していました。
ママが用意してくれたのかもしれませんが、
多分そのお友達は気がついていたんだと思います。


大きくなるにつれて、給食以外での外での食べ物に頭を悩ませる事が増えますね。

同じクラスのママ友が言っていました。
  ”園のクラスの皆にお土産を渡すのって、いかにも
  「私たちはココへ旅行に行って来たのよー」って
  見栄もあるんじゃない?”

なんて。
見栄だけで済むなら可愛いもんです。

今日、息子は言いました。
「どうしていつも、
 お家じゃない所で貰ってくるお菓子は食べちゃダメなものばかりなの!!」
(半分怒って)
いや、怒られてもねー。


園では、園長先生は良くお話を聞いて下さります。
一応、息子がいつもそのような思いを抱いている事は伝えてこようと思います。

けど、アレッ子じゃない場合はお土産って普通の事だよなぁ。
たった一人のために「お土産禁止」ってなったりしても
申し訳ないと言うか・・・
各家庭の出費を減らすと言う利点もあるかな、なんて
スポンサーサイト

転園しました・・・その2

今週月曜日から、新しい園に通いだした息子。
その続きです。


転園について。
本当の理由は、教育方針の違いですが、予め内容に付いては見学の際に説明を受け、
納得して入園を決めた手前、正直に言いにくいなぁと思っていました。
実際には、参観時に目の当たりにして、説明とのあまりギャップに驚いた訳ですが。
いや、私の理解度が浅かったと言う意味です。

旧園としても、そこ(言葉の教育)を特徴として押し出しているので、
そこをつつかれてはいい気分はしないだろうと。

それで、卑怯にもアレルギーのことを理由にしたんです。
いやー、ずるいです。

旧園は、週2回が給食で、あと3日はお弁当です。
息子はもちろん食べられるはずも無く、毎日お弁当でした。

「年齢が大きくなってきて、お友達との差を感じるようになり
 自分だけが毎日お弁当であるのが辛くなって来たようだ。
 毎日お弁当持参の園を友人の紹介で見つけたので、
 本人の気持ちの面での負担を軽くする為、転園したい」

という内容で、転園を申し出ました。

» Continue Reading

転園しました・・・その1

今週から、息子は幼稚園を変わりました。
4月に入園したばかり。約2ヶ月です。

悩みました。
けれど、息子には伸び伸びと楽しく、毎日通って欲しくて。
横浜の園のようにね。


きっかけは、5月末に行われた土曜参観。
家族で参加しました。

朝の会の内容、椅子への座り方、あくびばかりする息子。

これで疑問に思っていた全てがパーッと解明しました。
「幼稚園、疲れる」「明日は幼稚園、お休みする」と言っていた言葉の訳が。
慣れていないだけだと思っていました。
でも違ったんだね。解ってあげられなくて、ゴメンね。

つづき、長いです。

» Continue Reading

新しい幼稚園

息子、年中から通う幼稚園の見学に行ってきました。
家から車で10分位、近いとは言えませんが十分通える範囲。
こちらの幼稚園は自宅前まで送迎バスが来てくれるので、問題ありません。

入ってみての第一印象は。

狭いっ

仕方ないですね。
神奈川で通っていた所は、園児700名の超マンモス園でしたから。
余談ですが、お値段もマンモス級でした。
横浜・川崎は私立幼稚園代が目が飛び出る程高いのです。

もちろんここは北海道、いくらでも広々とした幼稚園はあります。

考慮した幼稚園はいくつかあって、
北海道らしく自然と戯れ、伸び伸びしたところ とか
父母会の無いところ とか
男の子なので思い切り遊べる園 とか。

でも正直、そんな事はどうでも良くて、やっぱり重要なのは
「食べること」

神奈川で通っていた幼稚園と指導内容が似通っていて、
かつ、お弁当が多い園をまず候補にして、見学に行ってきました。

そして他の園を見ること無く、春からの入園を決めてきました。


一番の決めては、「お昼ご飯の時はほうじ茶」だ。
牛乳は無しなんです。嬉しい~!

その他、週二回の給食はセンター式なので代替対応は無理だけれど、
持参品に関して、温めて容器によそう事は大丈夫。
調理実習的な事はほとんど無く、あったとしても米系。
計画として予定されているクッキングは、おにぎり作り
(娘の園は、アイスやらスイートポテトなどあります)
これなら、ほとんど休ませる事無く行事にも参加出来そうです。

息子も自分が通う園が決まって、今日は一日ご機嫌ちゃんでした。


でもね、実はここの園は「お勉強系」と言われているらしい。
ナントカ式漢字教育や英語・パソコンを取り入れています。
教育ママさんなのねーとか思われたらどうしよ~(笑)

漢字とかどうでもいいですから・・・
そんな事よりも早く解除を目指したいのです。
そして何よりも、息子に楽しんで通ってもらいたいです。

さて次は病院選びだ。

息子も私も頑張った週

疲れたっ。

一週間、終わりました。
まだ喘息は引きずっているものの、休まず登園出来ました。
娘の参観があり、一度幼稚園に行って様子を見てきたのですが、きちんと過ごしていました。
年少さんって、小さくてとっても可愛くて♪

見てもなーんにも楽しくないとは思いますが、作った分のお弁当をアップ。
記録ですのでご容赦下さい。

bentou20100528.jpg

完全代替え弁当って、こんなにも大変なんですねー!!!

思わず大きな文字で。
諸先輩方、本当に素晴らしいです。ひれ伏す程、尊敬してしまいます。
先輩方のブログ記事があったからこそ、代替えにチャレンジしようって思えたのですが
やってみてその大変さが身にしみて解りました。


写真に沿って少々頑張った部分の説明を。

<5/11のパン>   
  成形パンが固くならないように、祈りながら。
  SANYO小麦ゼロ米粉ミックス粉&ホームベーカリーを使用。
  大喜びで食べてくれました。 
<5/12の焼うどん>
  うどんっぽくする為に、太麺を探す。
  輸入食材店でビーフンの平麺を見つけ、採用。
  かなりいい食感でした。
<5/12のアメリカンドッグ>
  無印の米粉パンケーキミックス粉を使用。
  割り箸も削る!
<5/24の餃子> 
  ヘルシーハットさんの、餃子の皮ミックス粉を使用。
  今までで一番上手にできた☆
<5/25のメープルプチケーキ>
  これも無印のミックス粉を使用。
  バナナも入れてみた。焼く時に、上にホットケーキシロップを塗る。
  大好評!帰宅後、更に2つ食べました。
<5/27のほうれん草蒸しケーキ>
  小松菜しか無かったのでなんとかごまかす。
  ごはんdeナイスのケーキミックス粉を使用。残してきた・・・。


5/26は、月一の全員お弁当の日。上のキティちゃん弁当は娘の。
この日だけは、大好きなものだけを入れてあげます。
お誕生会が開催される日でもあり、おやつの時間にコップにジュースが配られます。
大抵飲めるジュースなので、この時だけ特別に皆と同じものを口にする事が出来る日です。
前日に「明日は皆と同じ、コップにジュースを入れてもらって飲めるからね。」と話しました。その喜び様と言ったら!
足をばたつかせてはち切れそうなニコニコ顔、全身で嬉しさを表現していました。

そんなに嬉しいのかー・・・。

やっぱり、皆と一緒って嬉しいよね。そうだよね。


だったら。
やっぱり代替弁当は、好きでも嫌いでも
出来るだけ皆と同じにしていこうと思い直しました。
給食の良い所は、食の幅が広がる所だと実感しています。
娘は、給食のお陰で沢山のものが食べられるようになりました。
息子にもその体験をさせたい。

献立の中で、嫌いなものも出ます。
残すかもしれませんが、それと同じものをこれからも極力作って行きます。
アレルギー(食べられない)と好き嫌い(食べない)は違いますからね。

いつもお弁当だと、どうしても好きなもの・食べるものばかり入れてしまいそうですが、
代替だとこの辺りの意識が作り手の私にとっても良いなぁと感じました。

出来る範囲で、給食のお当番さんもやっているみたいです。


面倒見の良い娘の給食レポートのお陰で、
毎日のお弁当がOKラインだったかNGラインだったか、
献立の変更は無かったかを知る事が出来ています。

いつもありがとう、お姉ちゃん
プロフィール

なっきー

Author:なっきー
2011年より札幌在住の4人家族です。


<主人公 息子>

2006/11生まれ、現在5歳。
正後間もなくからのアレルギー疑いから始まり、
現在は乳・卵・小麦他を除去&負荷中。

1歳10ヶ月→喘息の診断。
3歳1ヶ月→負荷試験開始。
3歳8ヶ月→小麦の経口減感作を開始。
5歳5ヶ月→加熱卵1/2 陰性。 

乳は除去中です。


小さな事にクヨクヨしないさっぱりした性格。ぷっくりほっぺがママのお気に入り。


<サポート隊>

1号・・・私

1970年代生まれ。
思春期の頃、アトピーで悩む。
実家の家族が様々なアレルギー持ち(犬も例に漏れず。)
アレルギーの星の下に産まれたんだと思っている。
夜更かしと一人でビールがお気に入り。
納豆アレルギー。


2号・・・パパ

1970年代生まれ。
思春期よりアトピー。
ひどい花粉症に鼻炎もありの、
アレルギー体質。
引っ越ししてから良くなって来ました。


3号・・・娘

2005/1生まれ、現在7歳。
3歳から喘息発症、アレルギー性結膜炎やら鼻炎やら。
几帳面な性格で、息子の誤食が無いよう常に目を光らせてくれる頼るべき存在。

他、老犬が2匹います。


twitter
メールはこちらから(最近届かない場合があります)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

アレルギー関係のブログオーナー様、リンクフリーです。
ご連絡頂けましたら喜んで訪問させて頂きます!
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。