スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IgEアレルゲン検査 5回目

平成21年9月 2歳10ヶ月
国立S病院にて、負荷試験を前提とした血液検査。


   IgE  973 (↑)

検査項目    測定値    クラス
---------------------------------------------------------
小麦      24.4       4
卵白      10.5       3
オボムコイド  3.26       3
卵黄      5.63       3
ミルク     7.52       3
カゼイン    6.87       3
β-ラクトグ   0.34以下     0
ピーナッツ   1.01       2
大麦      12.9       3  

<環境系>
スギ      0.35未満    0
ダニ      100以上     6
猫       58.5      5
犬       65.0      5
---------------------------------------------------------

IgEは上がっていたものの、それぞれの検査項目は全て下がる。
一桁台がたくさん増えました!
今まで本当に高かったんだなぁ。

環境系は初検査です。
予想通り、高めですね。


*指導

数値が下がってきているので、負荷試験可能。
しかし安心して受けられる数値ではなく、リスクのある試験と思って下さい、との事。
他、初検査のものは数値は出ているが特に考えなくても良い。
今まで普通に生活してきたのだから、敢えて避ける必要はないそうです。


スポンサーサイト

IgEアレルゲン検査 4回目

平成21年3月 2歳4ヶ月

  IgE  609 (↓)

検査項目    測定値    クラス
---------------------------------------------------------
小麦      32.0 (↓)   4
卵白      14.9 (↓)   3
オボムコイド  7.95 (↓)   4
ミルク     11.3 (↑)   3   
ピーナッツ    -----   (検査せず)
---------------------------------------------------------

なんと!劇的に下がっている。
一桁台の数値(オボムコイド)を初めて見た。
しかしクラスは思っていた程下がっていない。
最初が高すぎたせいか、数値にマヒしていてかなり良くなったような気がしていた。

*指導

除去継続。
原材料にちょっとだけ含んでいる場合は極たまに与えてみる。
やっと負荷試験に向けて動きだせる数値になってきた。

IgEアレルゲン検査 3回目

平成20年7月 1歳8ヶ月

   IgE  1085 (↑)

検査項目    測定値    クラス
---------------------------------------------------------
小麦      66.5 (↑)   5
卵白      48.9 (↑)   4
オボムコイド  23.7 (↓)   4
ミルク     25.6 (↑)   4   
ピーナッツ   3.48 (初)   2
---------------------------------------------------------

オボムコイド以外、また数値が上がる。
完全除去&お薬の継続。

IgEアレルゲン検査 2回目

平成19年12月 1歳1ヶ月

   IgE  879

検査項目    測定値    クラス
---------------------------------------------------------
小麦      60.0       5
大豆      ----     (検査せず)
卵白      40.4       4
オボムコイド  35.2       4
ミルク     21.4       4   
---------------------------------------------------------

全てにおいて数値が下がる。が、依然高い。

*指導

除去継続。

IgEアレルゲン検査 1回目

平成19年5月 生後6ヶ月

   IgE 3018

検査項目    測定値    クラス
---------------------------------------------------------
小麦      100以上    6
大豆      2.22       2
卵白      80.8       5
オボムコイド  100以上    6
ミルク     87.8       5 
---------------------------------------------------------

*指導

母乳だったため、本格的に私の除去食(上記4品目+刺激物)を開始。
服薬開始
 インタール セルテクトドライシロップ
外用薬
 プロペト ロコイド ヒルドイドローション

プロフィール

なっきー

Author:なっきー
2011年より札幌在住の4人家族です。


<主人公 息子>

2006/11生まれ、現在5歳。
正後間もなくからのアレルギー疑いから始まり、
現在は乳・卵・小麦他を除去&負荷中。

1歳10ヶ月→喘息の診断。
3歳1ヶ月→負荷試験開始。
3歳8ヶ月→小麦の経口減感作を開始。
5歳5ヶ月→加熱卵1/2 陰性。 

乳は除去中です。


小さな事にクヨクヨしないさっぱりした性格。ぷっくりほっぺがママのお気に入り。


<サポート隊>

1号・・・私

1970年代生まれ。
思春期の頃、アトピーで悩む。
実家の家族が様々なアレルギー持ち(犬も例に漏れず。)
アレルギーの星の下に産まれたんだと思っている。
夜更かしと一人でビールがお気に入り。
納豆アレルギー。


2号・・・パパ

1970年代生まれ。
思春期よりアトピー。
ひどい花粉症に鼻炎もありの、
アレルギー体質。
引っ越ししてから良くなって来ました。


3号・・・娘

2005/1生まれ、現在7歳。
3歳から喘息発症、アレルギー性結膜炎やら鼻炎やら。
几帳面な性格で、息子の誤食が無いよう常に目を光らせてくれる頼るべき存在。

他、老犬が2匹います。


twitter
メールはこちらから(最近届かない場合があります)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

アレルギー関係のブログオーナー様、リンクフリーです。
ご連絡頂けましたら喜んで訪問させて頂きます!
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。